2012D群

Exif_JPEG_PICTURE

この群れは計算通り、キンリョウヘンに誘引されて分蜂群が入居してくれた。
最初、置いていた場所が昨年の猛暑で巣落ちしたので涼しい場所に移動させた。

この群れが今のところ一番期待が大きい群れだ。
巣箱も相当重い。

8月末ぐらいに採蜜しようと思う。
9月になったのでお楽しみの採蜜と思ったら、あれだけ重かった箱が軽い・・・。

これも8月に給餌しなかったパターン。いいかげんに気づけよと自分に言いたい。
採蜜はしたが、あまり採れなかった。残念。

10月にオオスズメバチ対策の網を巣門に設置。
上のおもりを逆にビールケースの中に入れて下の強度を増し、上の雨避け板を底板に変更。

変わりに棟波板を雨避け、日よけに設置。
2012年の冬は知人から水あめを一斗缶でいただいたので、それをお湯で薄め、給餌用にすることにした。

この箱は巣門以外は完全に密封型なので箱の中が少々じめじめしているようで、蜜蜂にはちょっと環境が良くないようだ。
春になったら、4面とも開放にしようと思う。

なんとか逃げないで越冬して欲しい。
2013年夏の採蜜予定だったが、8月中旬にイノシシか子供のいたずらで巣箱自体が転倒、その後オオスズメバチの猛攻に遭い、採蜜寸前で逃去・・・・。

これは相当ショックだった・・・。
かなりの貯蜜量だっただけに悔やまれる。
私もさすがに毎日は巡回できないし、こればっかりはどうしようもない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました