2012E群

Exif_JPEG_PICTURE

この群れは計算通り、キンリョウヘンに誘引されて分蜂群が入居してくれた。
しかも、分蜂群がやってくる場面に偶然遭遇でき、貴重な体験をさせてもらった。

ただし、調子に乗って蜂球部分をさわっていたら2発刺された。
分蜂群は刺さないという話だったので油断していた。

けっこう痛いし、大きく腫れ上がった。
昔、小学生の頃、おしりに刺されて以来だった。

通算で3回目だったが、蜂アレルギーは大丈夫なのだろうか?
2012年7月時点では群れが小さく、今年は採蜜は無理だ。

給餌で越冬させ、来年の分蜂に期待しようと思う。
9月時点でもこの群れはなぜか大きくならない。

なぜだろう???
2012年10月にオオスズメバチの猛攻を受けたが、たまたま猛攻が始まったばかりの時に私が蜂場に来たのでネズミ捕りシートで多数を捕獲し、撃退。

オオスズメバチ対策の網を巣門に設置。
上のおもりを逆にビールケースの中に入れて下の強度を増し、上の雨避け板を底板に変更。

変わりに棟波板を雨避け、日よけに設置した。
オオスズメバチの襲来のショックで襲撃の1週間後に逃去した。

2012年は春に最大6群いたのだが、結局、今年の冬も2012D群のみで越冬することになりそうだ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました